男性が不妊症になる原因

不妊症と言えば女性が原因であるイメージを持つ人がいるかもしれませんが、男性でも起こりえます。

 

その原因として精子減少症や無精子症の様な精子に異常が見られたり、性病に感染した時に適切な治療をしなかったため精子の通路障害が起こった等と様々な理由が考えられますが、先天性でなく後天的な理由で不妊になる人にはある特徴がみられます。

 

それは過度の飲酒や喫煙をしている人、ストレスを溜め込みやすい人です。

 

過度の飲酒や喫煙、ストレスは精子の数が減少したり運動能力の低下、奇形の精子が出来るなど精子に影響を与えてしまい、受精しても胎児に問題が出てしまい流産の原因になる場合もあります。
特に妊娠初期の流産の原因は母体側にあるのではなく、胎児に問題があるからとされています。

 

つまり問題がない精子と卵子が受精することは、胎児に異常をきたさないための条件の1つであると言っても過言ではありません。
もちろん精子と卵子が正常であれば必ずしも胎児に異常が現れるわけではありませんが、リスクを下げることは可能です。

男性が不妊症になる特徴

男性不妊になりやすい人の特徴として過度の飲酒や喫煙、ストレスを挙げましたが、では禁酒や禁煙、ストレスを溜め込まなければ問題は解決するのかと言えば、現実問題として解決は難しいでしょう。

 

禁煙は出来るかもしれませんが、もともとお酒を飲めない体質でない限り社会人として付き合いもありますし、ストレスを全く受けないような生活は非現実的です。
そこで葉酸が配合された妊活サプリを服用することで男性不妊の対策を取ることが出来ます。

 

葉酸は細胞分裂を正常化する働きがあるため、異常をきたした精子の製造を防ぐことが出来ます。
葉酸はレバーだけでなくブロッコリーやホウレンソウの様な野菜などにも多く含まれますが、水溶性のビタミンで熱に弱く調理過程で多くが失われてしまうため、食事から推奨される量を摂取することは難しいとも言えます。

 

そのため厚生労働省では葉酸をサプリから摂取することを推奨しているほどです。
また実際に葉酸を多く摂取している夫婦としていない夫婦を比較すると、多く摂取している夫婦の方が妊娠しやすく、胎児に異常が起こりにくいこともデータとして存在しています。

 

それだけ妊活には葉酸が重要なキーワードになるのです。

 

妊娠は女性だけではなく、男性も大きく関わってきます。女性だけが妊活に一生懸命になり妊活サプリを服用するのではなく、一緒になって妊活サプリを服用することで妊娠という同じ目標に向かっていけるのではないでしょうか。

 

⇒ 男性用妊活サプリランキングはこちら